ようこそパチンコ・パチスロ最新攻略法へ

 人気のパチンコ・パチスロの最新攻略法の攻略手順を無料公開しています!
パチンコ・パチスロ最新攻略法.com
パチンコパチスロ最新攻略法を無料公開しています。今話題の機種の攻略法情報やバグ・傷ネタなどの攻略手順を全て無料公開しています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この攻略会社には気をつけろ
aodon-slot.jpg

攻略法使用効果
■機械割
設定1:98.62%→107.23%
設定4:101.90%→109.68%
設定6:105.95%→112.11%
設定H:110.42%→118.09%

攻略法使用時期待見込収支
2万~3万5千円/1時間
(1日あたりの収支は未確定)

通常時特定G数間に技術介入を取り入れるだけで設定不問で単独当選・重複当選確率がアップする。
そして、 天井RT突入時は逆にボーナスが引けなくなり天井RTのみで稼げる表裏一体の攻略!

使用したモニター会員の声 
H.Nさん(東京都・スロプロ・27歳) 設定不問で収支があがる!!
どこから打ち始めても期待収支が100%を超えるって凄いですよ!
ボーナス連打を楽しむも、あえて天井RTを楽しむも自分次第で操れる攻略法ってこんなのアリって感じです(笑)!




第10位くらい (前回4位→10位くらい)≪ケーオー企画≫



『自己評価』20点/100点
『コメント』ここの攻略会社の魅力はなんと1年間無料登録で攻略法が使いたい放題です。無料登録されたからといって有料会員にならないといけないというシステムではありません。しかも運がよければ年に1~2回くらいで傷ネタが発覚していますよね。この情報もいち早くゲットできます。ここまで、サービスのいい攻略会社は他には無いでしょう。しかし、ほぼガセですから深入りは絶対にしないように!!あまりいい評価とはいえません。
一年間無料登録で攻略法を無料提供!


↑↑↑は間違いなくガセ攻略をつかまされますので。絶対に深入りは禁物ですよ~。よく雑誌に載っているのご存知ですか?




ここのアシストブレインで青ドンのキズネタがあって動画も配信されていたのですが、資料請求したときのメルマガにノーカット完全動画で証明されています。実際にホールに隠しカメラで潜入し手順を実行した後数手順でボーナスを引いている完全ノーカット動画があって、掲載したかったのですが、また消去依頼されたら困るのでここまでですが、KOはネットの掲示板でも有名ですがかなり被害者がいます。

なぜ、同じ機種にいくつも攻略法があるのか信じられません。

ほかの攻略会社もそうですが、攻略会社同士で攻略法の買取や転売もあるそうです。

それらは、提携して運営されているのですが、まったく別会社が同じ機種で攻略法を生み出す事は不思議です。

まあ、冷やかしでアクセスしてもかまいませんが、どこの攻略会社もほとんどガセです。

自分の場合たまたま、アシストブレインで攻略法を入手したときは吉宗が入りだした頃なので俵8連の攻略法。途中やたら『低周波お断り』や『体感機お断り』などの貼り紙が貼られるようになったのを気づきましたか?マジで吉宗は攻略されていたのですよ!(ボーッとしていちゃだめですよ)
普通に打ってリプレイが20連しますか?不可能ですよね。隣で打っていたおっさんがなにやら怪しい機械を服装の下に隠して、何かを調節しているのをみて、自分は店員にチクリましたよ。
それだけ、あの名機種に攻略が存在していましたよ。

信長の野望の『野望チャンス』だったかな・・・あれもAT999G打法だったかな!コインを詰まらせる方法(難しすぎたけど・・・)!


これも教えてくれたので、かなり信じることができましたけど、最近そのような傷ネタやバグネタは数年に1回あればいいところなのに、なぜ同じ機種なのにあちこちで90%オーバーの攻略法と歌われる攻略法があるのか?

つまり、残り10%はガセということで結局はガセなのですから、『%』で惑わされないようにしてください。

とにかく、KOは自分の中じゃお勧めできません。

まあ、さっきも言ったように冷やかしで資料請求してちょっと気になる情報でもアシスタントから直接聞いてみてはどうでしょうか?
必ず少しだけポロッとこぼれますよ!

自分は過去に一番信じることができたアシストブレインをお勧めします。 

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://777kouryaku777.blog51.fc2.com/tb.php/22-4eadfb5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック